鹿児島市南部 坂之上・国際大学周辺の不動産・お部屋探し、不動産のご相談はまごころ第一の平和ホームへ 099-261-5025

不動産コンサルティング

不動産のお悩みを解決する「プロフェッショナル」として

多角的な視野から問題を捉え、解決へと導く不動産の専門家

社会や経済の変化に伴い、不動産を取り巻くニーズは個人・法人問わず複雑化・多様化しています。

そのようなニーズに的確にお応えできる不動産のエキスパートとして生まれたのが「公認不動産コンサルティングマスター」制度です。
国土交通省認定の資格で、宅地建物取引士などの専門職としてある程度の実務経験を持ち、試験に合格して不動産だけでなく法律や税制などの分野も含めて一定の水準があると認められた人だけが登録できる制度です。
当社では、制度開始間もない頃から同資格を取得し、お客様の不動産のお悩み相談を多く受けてきました。
また、県内同じ志を持つ不動産業者と勉強会を開催したり、宮崎県の同じ団体と研修会を実施したりと同制度の普及と認知度向上にも協力しております。

仲介や管理だけでなく、不動産の相談にもお応えできるのが「公認不動産コンサルティングマスター」であり、当社の強みでもあります。

不動産コンサルティング業務について

主な不動産コンサルティング業務をご紹介します。

1.所有不動産の有効活用
退職後の安定収入のための土地や不動産の有効活用
所有している宅地・農地、工場や事務所等の有効活用
賃貸事業の最有効化や、老朽化した建物の建て替えに関するご相談
…など
2.相続対策
相続対策を中心とした所有土地の有効活用
相続税支払いのための付加価値をつけた上での土地売却
相続税納付と事業資金の確保
…など
3.貸家・貸地の整理
底地と借地権の交換
借地権者による底地買い取り後、土地の一部を隣接地所有者に売却
低額賃料・容積率に余裕のある貸家や貸地を整理して有効活用を図る
…など
4.複数権利者の権利調整
共同ビル建設に際しての土地所有者間の権利調整
借地権者による底地買い取り後、土地の一部を隣接地所有者に売却
複数の権利者(借地人・借家人等)が混在する土地の有効活用
…など
5.競売物件の取得
顧客が競売に参加し物件を取得するための各種の事前調査と助言
物件取得後に派生する問題への対応策の立案・助言
…など
6.企業のリストラ
社員寮、社宅の跡地の有効活用
店舗等のスクラップアンドビルド
工場移転の跡地の有効活用
M&A(企業の合併と買収)を利用した不動産売却
…など
8.各種アドバイス
複数不動産の活用・処分についての総合的なアドバイス
第三者的立場で不動産賃貸事業全般についてコンサルティング
不動産購入者に対するアドバイス
…など
9.その他
分譲マンションの建替え
不良債権担保不動産の処分・取得・有効活用等
企業の土地取得・定期借地権設定等
…など

(公益財団法人 不動産流通推進センターより引用)

当社コンサルティング事例

過去相談を受けた事例の一部をご紹介します。
・私道の持分がなく、自身の土地を売却できない
・土地の境界争い
・自身の土地への進入路が狭いので、隣地を購入して道幅を広くしたい
・国道沿いの空き地に自分の店の誘導看板を立てたい
・昔購入した土地が仮登記のままだったので、本登記したい
・金庫がないので8,000万円の預金通帳を預かってほしい
・平屋の貸家を5棟持っているが、古くなってきたので入居者を立ち退きさせて建物を解体したい。
・貸家の入居者を立ち退きさせて、結婚する娘夫婦を住まわせたい
・事業用借地権の満期が来たから、契約を終了させて土地の明け渡しを実現したい
・亡くなった父の土地上に見知らぬ人がプレハブを建てて住んでいる
・相続が発生したが、相続人の中に意思能力欠如者が存在する
・競売に参加したいが応札価格の設定と入札参加方法が分からない

ご覧のように、不動産に様々な問題が絡んだ複雑な相談事例もあります。

仲介業務が主体の不動産会社であれば「ご自身で解決して下さい」、あるいは「専門家にご相談した方が…」と断られることもあるかもしれません。
しかしながら全てのお客様が、不動産・法律などに詳しいわけではありません。
コンサルティングマスター資格を持つ不動産会社であれば、お悩みを聞き、解決に向けてお手伝いすることができます。

どのようなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

コンサルティングの流れ

過去相談を受けた事例の一部をご紹介します。

1.まずはご相談ください。
お客様のお悩みと希望を遠慮なくお話下さい。
世間話からでも構いません。
細かいところから、解決の糸口を見つけていくのがコンサル業務の基本です。
2.お客様のお悩みを把握・分析
ご相談した内容からお客様の目的までの筋道を立てて、解決方法を探っていきます。
3.コンサルティング業務の内容・範囲の確認
解決するためにどのようなことを行うか、当社だけでなく法律や税金などの専門家が
必要か、その際はどのように業務を分担するかなどの内容を確認し、お客様へのご提案をまとめます。
4.コンサルティング業務契約の取り交わし
業務を行う際はお客様に対し、必ず作業内容の確認と業務にかかる費用のお見積もりを提出します。
これはコンサルティングマスターとして必ず行うことです。
お客様が納得して頂ければ、契約書を作成し、取り交わしを行います。
場合によっては着手金を頂きます。
※コンサルティング業務は従来の不動産の媒介とは異なります。
媒介業務が発生する場合は別途契約を行います。
費用・手数料もそれぞれに掛かります。
5.コンサルティング業務
お客様との契約した業務に取り掛かります。
業務の内容によっては長期に渡るものもありますが、その際は定期的にご報告を行います。
6.業務終了、成果と引き換えに業務費用のお支払い
コンサルティング業務を終えたら、最終的な報告と費用のお支払いをもって終了となります。

ご相談フォーム



お客様の情報をご記入下さい。
がついているものは必須項目です)




お客様のご住所









個人情報の取り扱いについて

本ページにてご記入頂いた個人情報(氏名・電話番号・メールアドレス等)は、お問い合わせの返信にのみ使用し、他の用途・目的では使用致しません。

お問い合わせ頂いた内容は、目的が終了したとき、または一定期間経過した後に適切な手段にて消去・破棄致します。